病院事務部門から病院経営を変えていく

SSKCの病院会計への取り組み

病院会計準則(現医療法人会計基準)への対応
病院様への導入ノウハウを生かし、独自の医業戦略会計・人事給与ソリューション「SuperHospital」を展開しております。
病院会計準則(現医療法人会計基準)に準じた帳票テンプレートの整備
病院会計準則(現医療法人会計基準)に準拠した附属明細表を開発・展開しております。
リース会計への対応
病院会計準則(現医療法人会計基準)の改定に伴い、病院戦略会計・人事給与ソリューションのブラッシュアップを行いました。

このような課題はありませんか?
貴院の課題をクリックしてみてください。

SSKCがこのように解決します!

> 次へ

パッケージ導入による業務の標準化

法改正の際には、パッケージベンダーから修正版パッチが提供されるため、貴院でシステム改修を行う必要はありません。
また、マニュアル等も整備されており、業務を可視化することが可能です。

SuperStreamは様々な業種業態、約7000社で利用されています。
その中にはもちろん病院もあります。
エス・エス・ケイ・コミュニケイションズは複数の病院様へのSuperStream導入事例を持っています。(SuperStream-NXはSuperStream社の製品です)

SSKCがこのように解決します!

> 次へ

データ連携、分散入力による業務の効率化

PayManagerを利用して、院内各システムからのデータ連携、発生源での分散入力を行うことにより、
二重入力をなくします。
入力の負荷が軽減されるため、経理本来の業務である「分析」にかける時間を増やすことが可能です。
また、データ連携や分散入力により、月次決算の早期化が見込めます。
【弊社ユーザー様システム構成図】
院内システムに変更があっても、連携元システム側でコストをかけずに連携の継続が可能!

SSKCがこのように解決します!

> 次へ

ユーザー会や掲示板による他病院との交流

7月のホスピタルショウが開催される時期に合わせて、毎年ユーザー交流会を行っています。
未収金管理や管理会計など、病院様共通の課題について、情報交換を行っています。
【過去実績】

他にもこのような課題はありませんか?

決策
>法改正のたびにシステム改修を繰り返している
>システムが属人化しており、一部担当者しかわからない
>紙での運用を行っており、電子化に対応できていない
>入力業務が膨大で、月初の経理部門の負荷が大きい
>二重入力によりミスが多発している
>院内の他システムに改修を加えるとコストがかかる
>集計・帳票出力に時間がかかる
>他の病院との情報交換を行う場がない

SSKC 会社紹介

商号
株式会社エス・エス・ケイ・コミュニケイションズ
代表者
代表取締役 杉本修一
設立
2002年2月
資本金
1000万円
従業員数
25名(2016年12月現在)
オフィシャルサイト
http://www.ssk-com.co.jp/
本社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋1-24-3 杉木立ビル 6階
TEL:03-5833-5261
FAX:03-5833-5262
藤沢事業所
〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上2-5-1 カサハラビル藤沢 4階
TEL:0466-29-7222
FAX:0466-29-7227
お問い合わせ
こちらから